So-net無料ブログ作成

Libretto L5 [TOSHIBA]

秋葉の杜でのフリマでゲットしました。

Libretto L5は珍しいPCらしい。L2をもっているので、リペアも簡単にできるだろうと。

L5とL2の違いはCPUがクルーソーの800と600、オンボードメモリが128と256くらい。ビデオRAMは同じだけどチップが違ったな。

USBとかLANポートの位置もビミョーに違う。これは無線LAN内蔵モデルもあるからでしょう。それと教えてもらって良かった事で、2.5インチハードディスクは3.3Vらしい。

知らないまま作業をはじめていたら、動かないで悩んでいたでしょう。感謝。

レッツノート用にピン折した30GBが残っていたのでそれを使うことにするが、ブートするドライブが不明だったのであらかじめXPのCDをDドライブにコピーしておく。

あっそうそう、L2はW2KでL5はXPが標準OSです。

BIOSが無くて確認できなかったので、Win98のフロッピで起動してFDISKで確認。ちゃんと認識しているようだ。フォーマット後のインストールも難無く終了し、XPのCDと一緒にコピーしておいた各種ドライバーもインストール。

ちょっと使った感じではL2よりも若干早いかな、メモリが多いから?バッテリもあまり消耗していないようだし、デカバッテリもいただいた。

今度、バッテリの動作チェックをしてみよう。。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

しっかりと動作確認 [TOSHIBA]

ここのところは週末しか更新しないようになってしまった。来月はもう少し更新するようにします・・・。


Dynabook V8/513LMEWの動作検証をしっかりとやってみた。

通電は不明で電源が入らない、バラせば何か状況がわかるだろうと思うのだけど。情報を集めていたが無い、マイナーな機種なんだとここで再認識。実際、買って初めて存在を知ったしね。

なのでとりあえず想像で作業開始。

キーボード上の電源スイッチ周辺カバーを外してネジ止めされているキーボードを取る。きれいで汁系の形跡もない。いくつかネジを外すけど、パームレスト周辺が取れる気配がない。

裏返しにしてネジを外していくと、なんとなく2枚におろせそうな感じになる。上半身を取ってから更にネジを外すと、無事にマザボが確認できる状態になる。

CPUも付いてるし無線LANカードも刺さってる、中身での欠品はなさそうだし、ホコリも少なくなかなか良い状態。こんなで起動しないなら、根本的にマザボが悪いのかな。

エアダスターで拭いて、ネジとか無いかコンデンサが燃えてないかチェックして、問題なさそうなのでこの状態でACを差してみた。

すると、電源スイッチ横のランプが点灯した!

が、ちょっと怖いのすぐにプラグを抜く。しかし、1歩進んだね、起動NGから起動したっぽい状態に変化した。もしかして1度バラして組み直したらOKってヤツか?と、期待しながら組み直してからスイッチオン。

・・・。

はい、終了。なんかThinkPad T40のマザボみたいな症状だな。さっきはキーボードも付けずに通電したから、少しずつ外していけば不具合箇所がわかるかと思う。

順番に外していく。スイッチ周辺カバーやキーボードでは変化なし。次に液晶フレキを外してACを差すとランプが点灯。

おおっ、これか?

キーボード付けてから電源を入れると、ファンが回った。外部モニタを繋ぐと東芝とセントリーノのロゴが出たしBIOSも出た。上半身をバラしてチェックを進めたところ、どうやらインバータを繋ぐと通電しない。

インバーターもしくは上半身の確保で何とかなりそうになった。。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

かぁーるく動作検証 [TOSHIBA]

昨日のおみやげPC、Dynabook V8/513LMEWの動作検証を簡単にしてみた。

まず、現状チェック。
バッテリーとハードディスクマウンタ等は欠品だけど、液晶ワレは無さそうだしコンボドライブも付いてます。セントリーノだから無線LANも内蔵してるハズ、抜かれてなければね。

19Vらしいけど東芝の19VACアダプタは持ってない、でも大丈夫、NECの19Vが使えるらしい。メモリのフタを開けてとりあえず256MBを1枚挿して準備完了。

スイッチオン!

・・・。

終了、電源が入りません。バッテリが無いので通電もNGなのかは不明。メモリスロットとかメモリを変えたり、コンボドライブを外したり、ACアダプタを変えたり、しかし変化無し。

分解するもいまいちバラせない。目視では、CPUも無線LANも付いているし、汁系の形跡もない。しかし、マザボを取り出せるくらいまではバラせないので、終了。

あんまり見かけないので、パーツの調達は難しそうかな?LL750ADと同様に気長に直すことにしよう。。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

東芝って・その2 [TOSHIBA]

最近はSS2010を持ち歩いています。

その前はCF-R1とかLOOXなんかを持ち歩いたから、薄い割には重く感じる。Librettoも軽いからよく使ったかな。

で、SS2010を使って思ったのは、キーボードが好みかも。ストロークとか堅さとか、いい感じ。Librettoはなんかキーボードが浮いてる感じで、右半分がぱかぱかしてる。確認すれば良いんだけどね。

このブログは、そんないい感じのSS2010ではなくて、Librettoで書いてます。きっとこれも、ぱかぱかが直れば良い感じなると思うのだけど。

話は変わって、明日は仕事でアキバに行きます。でも、10時頃なのでお店はやってません、たぶん。その後に移動して事務所に帰るのですが、無理矢理アキバ経由で帰ればちょっとだけならブラブラできるかな?
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

東芝って [TOSHIBA]

SS2010のバッテリ動作時間をチェックする。

MobileMeterではほとんど消耗していないので、期待大でbbenchで計測すると。
無線LANをOFFにして約1時間、無線LANをONにしてWeb巡回をすると40分くらい動作する。

時間はこんなでも良いのだけど、50%くらいから一気に3%まで落ちる。この症状ってLibrettoの時と同じなんだけど、東芝のバッテリーってある程度使うとこうなるのかぁ。

でも、SS2010って大容量バッテリーと併用できるのが良いよね。

持ってないけど、そこそこ見かけるから今度買ってみよう。。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

そうか、そうなんだ。 [TOSHIBA]

何度やり直しても先に進まないSS2010のリペア。

昨日の夜(正確には日付は今日になっていた)の事、sinさんのブログに自分で付けたコメントを呼んでピン!ときた。

FDDではブートするし、フォーマットとかファイルの実行も出来た。疑問だったBIOS上でのハードディスクの認識もおかしくないって事は、ハードディスクからブート出来ないだけと断定。

ブート出来ないのはなぜ?正常にブートするのは・・・、って考えていたら頭に文字が浮かんだ。

「MBR」

デュアルブートとかLinuxを勉強し始めた頃には良く目にしたけど、最近はすっかり忘れてた。確か普通にフォーマットでは消えないんだよね?Linuxを入れたハードディスクをフォーマットしてWindowsで使う時に、トラブル場合があるかもって見たような記憶が。

で、「FDISK /MBR」をしてから再度フォーマット、XPのCDをコピーしてインストール開始。ファイルのコピーも済んで、運命の再起動・・・。

[ひらめき]

XPのロゴが出たぁ、やったーぁ!

既に夜の1時を過ぎていたけど、中断せずにインストールを続けて無事に終了。持病の液晶の斑点も結構あって、見づらいトコもあるけど、OSが入った事の方が満足。

昼間にはドライバをあてて、WindowsUpdateも済ませて完了。1000円のSS2010が復活できた。

アドバイスをいただいた方々や質問させていただいた皆さん、ありがとうございました。。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ちょっと試しに [TOSHIBA]

インストールに手間取っているSS2010。

実はもう1台持ってます。今年1番最初にCF-W2の液晶取りに買っており、液晶パネル移植に失敗したので、そのまま「いつかは役に立つ箱」行きだった。

ハードディスクと外部液晶モニタを繋げて、電源オン。

BIOSの表示も全く同じだし、Bootもしない。でも起動FDでは認識している。

ここまでくると、相性問題なんだろうか。違う型番のハードディスクを調達しようかなぁ。。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

あれっ、どうした。 [TOSHIBA]

SS2010のセットアップを開始する。

まずは買ってきたハードディスクを入れてBIOSを確認すると、IDEで認識したようだ。その証拠に、PCNET産によくある消去ソフトの内容が起動した。そして、USBのCDドライブで起動してみる。

富士通とPanaの2個を持っているが、どちらもダメ。どっちもOSインストールに使えた事が無いような気がする、ジャンク・・・。IBMのFDDでは起動できたので、いつもの1スピンドルインストールの準備。

パーティションを二つに分けて、フォーマットする。取り外して、一緒に買ってきたハードディスクケースに入れ別のPCでWinXPのCDをコピーする。

いつものように準備して、いつものように作業する。

プログラムのコピーが終わり再起動すると、しない。何回やっても再起動後にXPのセットアップが始まらない。

あれっ?気を取り直して、再度セットアップを開始する。Win98の起動フロッピで起動したら、XPフォルダ内の「WINNT」を実行するとプログラムのコピーが始まる。再起動のメッセージが出て再起動、しない。

さらに気を取り直してフォーマットからやり直すけど、ダメだ。ハードディスクからブートしてくれない。

現状をまとめると、
1.ハードディスクは「MK2004GAL」
2.BIOSのHard Disk Modeは「Enhanced IDE」と表示していて、ハードディスクを付けていない時は「Not Used」
3.Win98の起動FDで「FDISK」と「format」はできた。
4.パーティションを2つに分けて、DドライブにコピーしたXPの「WINNT」は実行できた。

最新情報として、sinさんに教えていただいた「48-bit LBA対応の無効化」も試してみたけど、どうやら違うみたいでした。48-bit~って項目がなかった。

もうしばらくの間、楽しめそうです。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

SS2010 [TOSHIBA]

今日は諸事情でお休みでした。

用事も終わり、帰りに寄り道しました。新宿のOAステーションへ。

アキバのOAが無くなって、引き継ぎ店の一つとなっており、もしかしたらジャンクはこっちに流れていないかなぁって期待していたので。

店頭のジャンク箱になんか入ってる、読みは当たったのか結構ある。めぼしいのはVAIOのR505とかCOMPAQのEVOでPen-4Mモデルとか。その中に薄くて小さいのを発見。

DynaBook SS2010

Pen-3の866MHzで無線LANモデル。液晶ワレは無いけど圧迫痕が目立つし、メモリとハードディスクのフタが無い。バッテリは付いてて1000円。

今年最初に同モデルの無線LAN無しを買ったけど、液晶パネル取りに失敗して下半身のみとなっていた。これが動けば良いけど、液晶がOKだったら2個1出来ると思い、購入。

帰宅後のチェックでは、起動はOKで東芝のBIOSのような画面はちゃんと出た。液晶も圧迫痕さえ無ければ、発色も良くてきれいなのが残念。

次回アキバへ出撃の時は1.8インチのハードディスクを調べる事にしよう。。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

体力測定 [TOSHIBA]

体力測定をしてみました。ホントは持久力テストのみだけど。

Librettoのバッテリを無線LANカード無しでどれくらい動作するか計測してみたところ、標準バッテリ6本中5本試して最長は1時間30分。因みに無線LANありでは1時間弱。そして1時間20分が2本と30分くらいのが1本。

まあまあ使えるかと思うのだけれども、どれも残り40~50%の残量から一気に5%以下まで落ち込む。残量さえ注意すれば大丈夫かなぁ。

1本だけ持っている大バッテリは50分しか持たない。でかくて重くて持たないから家でUPS風な使い方が良いでしょう。

出来る事ならば、1時間30分くらいしか持たなくても残量が一気に無くならないバッテリが欲しい。でも、古いしジャンクだからこの辺で一旦終了にしようかな。


近日中に新カテゴリー追加の予定。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。